UGGムートンブーツの保管方法

  1:UGGムートンブーツが新しいうちに汚れを防ぐ起毛革専用スプレーをかけてください。ときどきブラッシングを陰干しを行ってください。軽い汚れがついた場合はブラッシングで済ませてください。また、油が付着した場合はすぐに拭き取ってください。

  2:雨に濡れた後などUGGブーツは色落ちの恐れがあります。他の衣服等とは直接触れないように分け、風通しの良い場所で陰干ししてください。火の近くや高温になるもののそば、あるいは直射日光に当てると素材が変質し、変色や硬化、あるいは機能障害となる恐れがあります。

  3:UGGムートンブーツ全体的に汚れが目立ってきたら、液体クリーナーをスポンジに含ませてブラッシングをし、その後浮き出た汚れを泡と一緒に布で拭き取ります。色が薄くなった場合は、起毛革専用のスエードカラーで補色してください。その後フッ素系の撥水スプレーをかけて撥水処理を施してください。

  4:UGGムートンブーツの汚れがひどい場合は靴ひもや中敷をとり、シューズシャンプーや中性洗剤で汚れを洗い落とし、十分にすすいでください。その後柔らかい紙などを詰め、形を整えて陰干ししてください。(皮革や人工皮革は極力水洗いを避けてください。水洗いをした場合は、皮革には乾燥後靴クリームを塗り、人工皮革は柔らかい布で水分をすぐに拭き取ってください)

  5:UGGムートンブーツ保管については、車のトランクや夏期の車中など高温になる場所はお避けください。高温多湿の状態や水に触れる状況で長時間放置すると劣化します。また数年に及ぶ保管時も同様の劣化が起こる可能性がありますので、時々陰干ししてください。キーパーを使用するか新聞紙を詰めるなどして、型くずれを防ぎます。箱に入れての保管は避けてください。

  ◇保管、収納◇

  ■ロングの場合、専用のキーパー(型崩れを防ぐ道具)使用をおすすめします。キーパーは足首からふくらはぎの部分の折り目や形の崩れを防ぎます。また、通気性をよくして抗菌、脱臭効果もあります。キーパーがない場合、布やタオルをくるくる巻いて入れることも可能です。

  ■収納時は箱等に入れ、湿気がなくほこりがつかない場所に保管してください。

[PR]
by uggshoppet | 2011-11-14 11:31 | uggブーツ