靴のデザインについて

  バルモラル(内羽根)ーー靴の履き口がV字型に開き、ヒモで締めるタイプのドレッシーなタイプ。「内羽根式」ともいわれます。19世紀の中頃、英国のヴィクトリア女王の夫君、アルバート公がスコットランドのバルモラル城でデザインしたのが、名前の由来といわれます。

  ブラッチャー(外羽根)ーープロシャ軍のブリュッヘルが1810年、軍靴用に考えたといわれています。履き口UGGが外に開き、ヒモで締めるタイプ。「外羽根式」ともいわれます。バルモラルと共にレースド?シューズの基本形です。英国ではダービー型と呼ばれています。

  サドルーー船員の靴から取り入れられたといわれるデザイン。爪先はプレーンで、アッパーの中程に馬の鞍(サドル)を置いたような革の切り替えのあるのが特徴です。このサドル部分の色や素材を変えてコンビネーションにするものが多いカジュアルスタイルです。

  スリッポンーーヒモやバックルを用いないで着脱するタイプのシューズです。フォーマルにも履けるプレーンなものから、ドレスアップもダウンもできる房飾りの付いたタッセル?スリッポン、カジュアルなローファーなど様々なデザインがあります。

  プレーントゥーー名前のとおり、爪先(トウ)に飾りのないプレーンなシューズ。シンプルなデザインだけに、形や鳩目の位置などバランスの良否、革や作りの良し悪しが端的に表われます。

  靴の基本形と言われます。

  ウィングチップーー爪先の革の切り替えに使われる革片(チップ)が、翼(wing)のような形をしているので、名付けられました。爪先のブローグ(W型の模様穴飾り)も特徴で「おかめ飾り」ともいわれます。クラシックな雰囲気を演出するのに適したシューズです。

  ストレートチップーー爪先の革の切り替えがストレート、すなわち一文字飾りになったデザインのシューズです。切り替え部にはメダリオン(穴飾り)をあしらったものと、ないものがあります。

  英国調のクラシックで、ウィングチップよりさらにドレッシーなシューズです。メダリオンのないものほど冠婚葬祭に適しています。

  Uチップ/VチップーーU字形の革片(チップ)を甲の切り替えに用いたデザインです。モカシンの一種であるところからモカとも言い、例えば外羽根式のUチップをブラッチャーモカと呼ぶこともあります。コーディネイトの幅広さから、近年人気のデザインです。

[PR]
by uggshoppet | 2011-11-10 18:08 | uggブーツ